DIESELのインテリア|個性的で革新的なデザインが人気

スクリーンショット(2013-07-31 5.47.05)

DIESELは若者向けファッションブランドで、
私にはあまり縁のない世界だと思っていましたが、
このDIESELがインテリアも手掛けるということで見てみると、
意外なことに私にもかなりアピールするものがありました。




家具は、同じイタリアのMOROSSO社と、
そして照明器具はやはりイタリアの
FOSCARINI社とのコラボレーションということで、
全体的な印象は暗めの色味やワイルドなかんじが
いかにも男の子受けしそうだなと思いましたが、
やっぱりおしゃれで、独自の世界観を持ったものばかりです。

まず「TOTAL FLIGHTCASE」と名付けられた
横長のキャビネットはその名が示しているように、
ミュージシャンがツアーの際に楽器の運搬用に使う
ハードケースをイメージしたものだそうで、ワイルド感満載です。

「OVERDYED SIDE TABLE」は
3本の脚と高さが調節できる丸テーブルで直径が50センチ。

とても使い勝手がよさそうです。

天板は1度塗料をかけてから
それを拭き取るラギングという技法を使って、
木目を浮き上がらせたもので、
DIESELのデニムからイメージしたものだそうです。

黒いスチールの脚もシンプルで、天板を引き立てています。

これは家具ではないのですが、
ZUCCHIというテキスタイルメーカーとコラボした
「CHESTERFAUX FURNISHING THROW」
がおもしろいです。

英国のチェスターフィールドソファと呼ばれる本革の伝統的なソファは、
背もたれ部分が細かくボタン留めされているのですが、
これを騙し絵の技法を使ってファブリックにプリントしたマルチカバーなのです。

ですから、これを自分の家のソファにかぶせれば、
すぐにチェスターフィールドソファができあがるというわけです。

私が最も気に入ったのは、
FOSCARINI社とコラボした「GRAF」というシリーズのテーブルランプです。

これはシェードにモノクロ写真のようなイメージを
そのファブリックに写し取ったもので、
暗めのデジタルイメージのフォトがとてもシックです。

大きめのシェードと短めの3本の脚がかわいらしいです。
高さが65センチもあるので、
実際には床に置いて全然問題ない大きさです。

DIESELのインテリアはファッションと同じで、
どれも個性的でオリジナリティに富んだ質のよいものです。
大人にもおすすめです。




コメントを残す