こんな姿見欲しかった!ノットアンティークスの素朴なトリトンミラー

ノットアンティークス トリトンミラー

今まで姿見って、お部屋の見える所に置くものじゃないと思っていました。

だってせっかく北欧家具をお部屋に揃えてあっても、
姿見ってなかなかしっくりくる商品が無いんですもん。

だけど全身が見れるミラーってどうしても必要。
それで結局量販店で、なるべくシンプルな姿見を選んできたりして。
でも部屋のインテリアにはあんまり合わないので、
洋服のそばに目立たないように置いたりしていたんです。

でも、とうとう見つけてしまいました。





ノットアンティークスのトリトンミラーは、
リビングの真ん中にでも、堂々と置きたくなるような姿見です。

ノットアンティークス トリトンミラー5

木の素材感がいいんでしょうか。
古材で作られているので、その独特の色合いや雰囲気が
姿見っていう機能を上手にインテリアになじませてくれています。

まるでアンティークショップで
長く使い込まれたミラーを探し当てて来たみたいな気持ちを味わえるかも。

先に向かってひゅう、と細くなった足も魅力的。
動物っぽくて、なんだか頼りなげなところが可愛らしいです。

目の前に立った時の、ちょうど足元の部分。
そのあたりに同じく古材で、すとんとミラーを区切っただけの
シンプルな棚が付いています。

この棚がまたいいと思うんですよね。
ミラーが一枚ぺろーんとあると、なんというか…生活感が出過ぎちゃう。
でも「物がいっぱい収納できますよ!」的な棚や収納がついてると、もっと残念。

ノットアンティークス トリトンミラー2

このトリトンミラーの棚、その辺のバランスがとってもいいと思います。

ここに何を飾るかがポイントになる気がします!
このスペースを上手に使えば、お気に入りの家具で揃えたリビングにあっても
しっかりとインテリアに馴染んでくれる姿見になるんじゃないかと。

ノットアンティークス トリトンミラー3

そもそもミラーって本当は、お部屋に置くといいって言いますよね。
お部屋を広く見せる効果があるみたいです。

ノットアンティークス トリトンミラー4

我が家のリビングもこのミラーを置いて、広く見せようかなあ。
こんなに味のあるミラーなら、姿見としてじゃなくても、
インテリアのひとつとして欲しいと思えますね♪




コメントを残す