インテリア好きの永遠の憧れ…イームズラウンジチェア

124020500

このチェアほど、長い間大勢のインテリア好きにとって
憧れの的になったものはないかもしれません。
イームズラウンジチェア&オットマンです。

美しい曲線のフォルムに、上質な皮の光沢。
ずいぶん大きいチェアなので、
日本ではサイズ感が合わない家も多いかもしれませんが…

このチェアが余裕で置ける家に住む、
っていうところまで含めて憧れになっているのかもしれません。

友人の映画監督であるビリー・ワイルダーのために
イームズ夫妻がデザインしたというラウンジチェア。

ビリー・ワイルダーと言えば、
「アパートの鍵貸します」やら「麗しのサブリナ」やら…
数々の名作娯楽映画を生み出した天才ですね。

疲れた体を、お気に入りの音楽でも聴きながら休めるにも、
はたまた新しいアイデアを落ち着いて練り上げるにも…
なるほどどちらの用途にでも、しっくり来そうな素敵なチェアです。

コンセプトは使い込まれたプロ野球選手のグローブなんだとか。
体をゆったり包んでくれそうなこの包容感、
確かにそんなイメージが溢れていますよね。

124020500sm15

発売当初から高額なチェアだったにもかかわらず
多くの台数を売り上げて、今でもその勢いは衰えていません。

長い人生のうち、一度はこのチェアを自分のものにしたい。
多くの人をそんな風に思わせてきた家具って、やっぱりすごいと思います。

hhstyle.comで紹介されているのは、ハーマンミラー製の正規品です。

最近は安価なリプロダクト品も販売されてはいますが…
リプロダクトを扱っている会社にもよるかもしれませんが、
安価すぎるものはやっぱり、正規品とは質が違うなあという印象。

あのよく泡立てた生クリームみたいな皮の質感とか、細かな接続の部分とか、
ふかふかのクッション部分をグッと留めてるボタンのところとか。

03131920_532186708d8e6

10分の1くらいの価格で売っているものもありますが、
元が高価な分、比べると格安とはいえ、大きなお買い物ですから…
せっかくなら後悔しない品物選びをしたいなあと思いますね。

この素敵なチェア、ぜひ今一度チェックしてみてください。
きっとあなたにとっても、憧れの家具のひとつになると思いますよ。

コメントを残す