オルスコフのゴミ箱は、常識を変えるかっこよさ!

オルスコフ ゴミ箱

こないだインテリア好きの友人と話してましたら、
「うちにゴミ箱だけは置きたくない!」なんて言うんですよ。

「でもゴミ箱なくてどうするの?」とわたしなんかは思ってしまうんですが、
「絶対いらない!部屋に生活感が出て、やぼったくなる!」って言うんです。

でもね、気持ちは分かる気がするんです。
確かにゴミ箱って上手に選ばないと、かなりお部屋がもっさりしますよね。
一人暮らしの若者だからそう思うんですかねえ…

ゴミ箱って実際にないと、かなり不便なんですよね。
一回分かりにくいところに隠して置いたこともあったけど、
それだけでゴミが捨てにくいし、収集場所に持って行くの忘れるし…

選ぶのが難しいけど、生活に必須なアイテム、ゴミ箱。

だけど不便よりも素敵なお部屋を取りたいあの友人でも、
こんなゴミ箱だったら納得いくんじゃないかな?

オルスコフのペーパーバスケットです!

薄い鉄板が素材になっているこのゴミ箱、
それだけでもうお部屋へのアプローチが違うと思います。

艶のない無機質な素材で出来ているのに、
どこか柔らかな印象を感じるのはやっぱり、
女性デザイナーによってデザインされた、その流動的なフォルムのおかげでしょうか。

オルスコフ ラタン

鉄板に少しだけ組み合わされている籐の素材がまたいいですよね。
こういう違う素材を組み合わせた家具って、
両方の良さが引き立つような気がして魅力的です。

世界的な建築家であるフィン・ユールが愛用していたと言われる
秀逸なデザインをリプロダクトしたこのアイテム。
デンマークの雑貨らしい上品でユニークな雰囲気を、
お部屋の中に取り入れられるかもしれません。

しっかりした大きさもあるので、
捨てたゴミが目に入らないのもいいかもしれませんね。
友人曰く「生活感」はスタイリッシュなお部屋作りの天敵らしいですから、
その辺もかっこよく隠してくれるんじゃないでしょうか。

あんまりオシャレなデザインなので、
ゴミ箱としてじゃなくて、マガジンバスケットとして使う人も多いんだとか。
確かに、そんな用途も頷けるオシャレさです。

お部屋の雰囲気を壊さないゴミ箱をお探しの方に、
自信を持っておススメさせていただきます!

コメントを残す