イタリアモダンで遊び心をくすぐるCalligarisのチェア

イタリアモダンで遊び心をくすぐるCalligarisのチェア

インテリアにこだわり始めた頃何が欲しくなるかというと、「椅子」と答える人は多いのではないでしょうか。オブジェとして魅力的だし、




あってもそれほど場所をとるものでもないし、第一座って使えるという実用性もあります。昔の「anan」のインテリア特集には、椅子の上に本を重ねた写真が必ずあったように思います。私はそのころ、椅子は座るためだけのものじゃないということを知りました。

インテリア雑誌などではお気に入りの椅子をさがしましょう的な記事も、時々見かけますよね。ダイニングチェアだって、セットとしてまとめて買う必要はない、テーブルを囲む椅子はひとつひとつ違っていたっていいという主張です。ファッションで言う「着崩す」みたいな感覚でしょうか。自分らしさの表現として、これも魅力的ですよね。

そんなとき、モダンでちょっぴり遊び心をくすぐられるカリガリスのチェアはおすすめですね。カリガリス社は1923年創業のイタリア最大級のデザイナーズ家具ブランド。その製品は高い機能性と、イタリアモダンスタイリッシュなデザイン性を兼ね備えています。特に私が心惹かれるのは、ポリカーボネートを使用した透明な椅子です。

スクリーンショット(2013-08-04 20.02.57)

原子の構造をヒントにデザインされたという「Alchemia(アルシェミア)」というシリーズは、背もたれの部分が点と線を繋いだ多角形のような形になっていて、そこから座面、脚と全体がすべてひとつのポリカーボネートでできています。無色透明な「クリア
や、透明感を保ちながら鮮やかなピンクや赤などにカラーリングされたチェアは、とても美しいです。

スクリーンショット(2013-08-04 20.03.52)

「Parisienne(パリジェンヌ)」というシリーズも、その名のとおりかわいいですね。20世紀初頭のパリのビストロで使われていた椅子がモチーフということで、背もたれに曲げ木があしらわれたクラシックな椅子を連想させるデザインですが、素材は全体がポリカーボネート製で赤やアンバー、グレーなどがあり、モダンな雰囲気をまとっています。お値段も手頃なので、そのあたりもうれしいですね。

ポリカーボネートは軽くて、傷もつきにくく、お掃除もしやすそうです。お天気のいい日に庭に持ち出して、缶ビールでも飲んじゃおうかしら、なんていう楽しい想像もさせてくれるカリガリスのチェアです。




コメントを残す