ウォールナット材のダイニングテーブル|大きめサイズがおすすめです

ウォールナット材の大きめダイニングテーブル

ダイニングテーブルを選ぶなら、ど〜んと大きいのを選びたいですね。部屋が多少狭めでも、大きな家具を1個置くとかえって部屋にポイントができていい感じになります。




大きなテーブルがあると、そこに自然と人が集まります。小さなお子さんがいるお宅ならそのテーブルでおやつをいただいて、そのまま宿題もそのテーブルでできちゃいます。ママも近くで台所仕事をしていたり、洗濯物をたたんでいたりしたら、子供たちは安心して自分も宿題をしてくれるでしょう。

食事はもちろんみんなでこのテーブルを囲みます。大きなテーブルでゆったり食事をすれば今日の出来事をみんなで話したり、食後のお茶やデザートも時間をかけて楽しめます。大きなダイニングテーブルはゆったりとした家族団らんの時間を提供してくれそうです。

家族が出かけてしまった昼間はお母さんの趣味の場所に。広々としたダイニングテーブルを独り占めして、ソーイングをしたり絵を描いたり、本を読んだりコーヒーを飲んだり。こんなふうにお気に入りのダイニングテーブルがあったら、そこが家族の生活の中心になっていくんですね。

では、どんなダイニングセットを選んだらいいんでしょう? 長く使えて家族の歴史を見守ってくれるような丈夫で使いがってのいいダイニングセットなら、やっぱりウォールナット素材のものがおすすめでしょうか。

ウォールナットは木質が硬く、衝撃にも強いので高級家具などに幅広く使われる木材です。色味は落ち着いたブラウンで木目が美しく、独特のツヤがあり、そのテクスチャーがとてもなめらかです。使い込んで年月を経ると、また別の風合いに変化して行くのでその変化を楽しむこともできます。

ウォールナット自体がとても存在感のある素材なので、テーブルの角を丸くしたり足を細くしたりして、デザイン的な軽やかさを演出することもできます。椅子は座面のクッションの色を明るめにすれば、また違った表情を見せてくれるでしょう。

これは私の経験ですが、ダイニングテーブルが広いからと言って読みかけの新聞や雑誌やお醤油さしなんかを出しっぱなしにしてはいけません。せっかくのダイニングテーブルが台無しです。テーブルはよけいなものは片付けてきれいに拭き、いつ誰が来てもこのテーブル目指して人が集まってくれるようなそんなダイニングテーブルにしたいものですね。




コメントを残す